ごはん便り

身近に手に入る食材を使って、気軽に作れるおうちごはん

風邪の時はコレ! おばあちゃんのチキンスープ

風邪引きの時はコレ! おばあちゃんのチキンスープ

たっぷりの野菜と骨付の肉でコトコト煮た栄養たっぷりのチキンスープ。消化にも良いので、アメリカでは風邪を引いた時の民間療法として昔から親しまれています。熱々のチキンスープの湯気を吸い込みながら食べると風邪引きに良いそうですよ。風邪引きの時も、元気な時も積極的にいただきたい滋味溢れるアメリカのおふくろの味です。


材料(2人〜3人分)

  • 鶏手羽元           4本(250g〜300g)
  • 薄力粉            適量
  • 玉ねぎ            60g〜70g(1/4個)
  • セロリ            50g(1/2本)
  • にんにく           1かけ
  • 水              600ml(3カップ)
  • ローリエ           1枚
  • オレガノ等お好みのハーブ   少々
  • 塩              小さじ1/2   
  • ⭐︎じゃがいも          小さめ1個
  • ⭐︎人参             60g(1/2本)
  • ⭐︎とうもろこし(冷凍・缶詰等) 大さじ2
  • ⭐︎きのこ類           50g(1/3〜1/2パック)
  • ⭐︎インゲン           2〜3本(25g)
  • ⭐︎オートミール又はマカロニ   大さじ1
  • 塩胡椒            少々

作り方

  1. 玉ねぎ・セロリは1cm角にカット、にんにくは芯を取り除き薄切りにする。鶏手羽元に塩胡椒をまぶし、薄力粉をたっぷり目にまぶし付ける。
  2. 厚手の鍋にサラダ油を少量加え、なじませたら鶏手羽肉を入れて中火で両面こんがり焼く。(中まで火が通ってなくてもよい)
  3. ②がこんがり焼けたら①の玉ねぎ・セロリ・にんにくを加え炒め、ざっと炒めたら水・塩・ローリエ・お好みのハーブを加え煮る。沸騰したらアクを取り除き、蓋をして弱火で30分〜40分煮る。
  4. ③を煮ている間に⭐︎印の食材のじゃがいもは皮をむき、人参と共にサイコロ状にカット。きのこ類は石づきを取り除き食べやすくカット、又は小房に分ける。インゲンは1cmにカットしておく。
  5. ④が煮えたら鶏手羽元を取り出し、粗熱が取れたら骨を取り除き肉を食べやすくほぐす。
  6. 鍋に⑤のほぐした肉と⭐︎印のインゲン以外の食材を加えて10分程度煮て、カットしたインゲンを加え5分煮る。味を見て足りない様なら塩を加え器に盛り付けていただく。

骨つきの鶏肉と玉ねぎ・セロリ・人参を塩と胡椒・ハーブで味をつけたチキンスープは
風邪で弱った体を元気にしてくれる栄養素が豊富に含まれ、消化も良いことから風邪やインフルエンザを引いた時に食べる病人食として親しまれ、「ユダヤ人のペニシリン」とも呼ばれています。