ごはん便り

身近に手に入る食材を使って、気軽に作れるおうちごはん

さつま芋のみぞれ酢和え

さつま芋のみぞれ酢和え

さつま芋を素揚げして、熱々をほお張るのは秋のご馳走ですね。そんな美味しい素揚げさつま芋にひと工夫した、さっぱり美味しい小さなおかずです。


材料(2人〜3人分)

  • さつま芋       中サイズ1本(200g程度)
  • 大根         180g〜200g
  • 米酢         大さじ2
  • 砂糖         大さじ1,5
  • 塩          小さじ1/2
  • 揚げ油        適量       

作り方

  1. さつま芋は長さ4cm程度、太さ1cm〜1,5cm程度のステイック状にカットし、水に5分程度さらしてアクを取る。
  2. 米酢・砂糖・塩を混ぜ合わせ、すりおろして水気を1/3〜1/4程度に絞った大根と混ぜ合わせみぞれ酢を作る。
  3. ①のさつま芋の水気を拭き取り、熱した揚げ油でカラッと素揚げし、②のみぞれ酢と和えて器に盛り付ける。

8月頃から収穫され始めるさつま芋ですが、採れたては甘みが控え目なのをご存知ですか?収穫後2〜3ヶ月寝かせると余分な水分が抜けて甘みが増します。

さつま芋は夏の暑さも冬の寒さも苦手、なので夏以外は常温保存が基本です。芋掘りなどで掘りたてのさつま芋を手に入れた時は、土が付いている場合は水で洗ったりせず土を払い、新聞などに広げて乾かしてから新聞紙で包んで風通しの良い冷暗所で保存しましょう。