ごはん便り

身近に手に入る食材を使って、気軽に作れるおうちごはん

サイダーで柔らか 豚の角煮

サイダーで柔らか 豚の角煮

時間のかかるイメージの強い豚の角煮ですが、炭酸で煮ると短い時間で柔らかく煮上がります。サイダーで煮るので砂糖は不使用。こんがり焼いてさっと茹でてから煮ているので脂も灰汁(アク)も落として本格的な仕上がりです。サイダーが残った時に、ぜひお試し下さい。

材料(2人〜3人分)

  • 豚バラ塊肉     500〜600g
  • 生姜スライス    3〜4切れ
  • にんにく      大きめ1かけ
  • 長ネギ       青い部分5cm〜10cm
  • サイダー      200ml〜300ml
  • ⭐︎醤油       大さじ3〜4
  • ⭐︎酒        大さじ4〜6
  • ⭐︎みりん      大さじ3
  • ゆで卵       2〜3個

作り方

  1. 豚バラ塊肉は4cm〜5cm角にカットしておく。生姜はスライス、ニンニクは縦半分にカットし芽の部分を取り除いておく。卵を茹でてゆで卵を作っておく。
  2. フライパンを熱し、カットした豚バラを入れて表面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。(中は生のままで良い)焼いている間に鍋に湯をたっぷり沸かしておく。

  3. 鍋の湯が沸いたら、こんがり表面が焼けた豚肉を加えて1分〜2分程度茹でる。
  4. 別の鍋(肉がきっちり収まるくらいの小さめサイズの鍋がおすすめ)に③の豚肉・生姜のスライス・にんにく・長ネギの青い部分・⭐︎印の調味料を加え、サイダーをひたひたになるくらい加えて強めの中火にかける。


    沸騰してきたらアクを掬い取り、落とし蓋と着せ蓋をし弱目の中火で1時間〜1時間半煮込む。(途中上下を入れ替える)

     

  5. 煮汁がある程度煮詰まってきたら火を止め、時間があれば茹でて殻を剥いたゆで卵を煮汁に漬け込んで30分〜1時間程度おく。(途中卵の上下を返すと全体に色が付き味が染みて美味しい)時間がなければ漬け込む時間は省略可。
  6. 器に盛り付けて、サッと塩茹でした小松菜やインゲン、スナップエンドウなどを添え、お好みでカラシを添えていただく。

豚バラ肉のブロックを選ぶときは、断面をよく見て脂と赤身がバランスよく入ったものを選びましょう。スーパーマーケットでもお願いすればちょうど良い所をカットしてくれる場合もあります。

バランスよく脂が入ったお肉